卒園メッセージ

来週の月曜日にいよいよ卒園していく子たちへのメッセージカードを書き終えた。

私がこの仕事を始めて、初めて受け持った子たちが卒園していく。
すごくいろんな思い出があって、書きながらいろいろ溢れてくる。

一人一人好きなもののイラストを添えた。
バスだったりオバケだったり青虫だったり幾何学模様だったり。
小学生になったらきっと好きなものも変化していくのだろう。

あの子たちに出会えて私は本当にしあわせです。
[PR]
# by tsunagumono | 2014-03-16 21:38 | 子ども

新芽の伸びる音

お散歩してたら住宅の庭の木々から新芽がたくさん伸びてて。

「あ〜。にょきにょき言ってそうだな〜」って一瞬思ったけど、すぐに違うなと思った。

「にょきにょき」。
それでもいいんだけど、なにかしっくりこない。
ほんとはどんな音がしてるんだろう。どんな音がぴったりくるんだろう。



園のRちゃんは、ずいぶん色んな日本語を話せるようになってきているのだけど、
まだ「言葉」になる以前の感覚もたくさん持っている。

たとえば、コップに水を注ぐ時、Rちゃんは水の落ちるのに合わせて声を出す。
水の落ちる音をリアルに真似する。
でもそれは、「ジャー」という日本語ではない。
あえて文字で表せば「ドフュー」みたいな音かな。笑

Rちゃんは聴覚にものすごい過敏があるので、あらゆる音を拾う。

ドアの締まる音、カギのかかる音、椅子を運ぶ音、ガムテープをちぎる音、、、
そういうものすべてをRちゃんは拾って、そして音を一緒につける。

Rちゃんだったら、新芽の伸びる音も聞こえてるかな。
どんな音を一緒につけるんだろう。
[PR]
# by tsunagumono | 2014-03-16 15:13 | 子ども

のど自慢

ランチに入ったお店で、NHKの『のど自慢』が放送されてた。

以前はこの番組がすごく嫌いで、実家でこれが流れるてたりするとその部屋にいるのも苦痛なほどだったのだけど、
いつの間にか、微笑んで見てる私がいる。

歳をとったから、というのもあるかもしれないのだけど。

ここ数年の専らの関心事は、世界中で暮らしを送る「庶民」一人一人のコトにある。

子どもが生まれたり誰かが病気だったり事故にあったり亡くなったり、宗教にはまったりそれを家族が心配したり、故郷を懐かしんだり、泣いたり笑ったり、、。

『のど自慢』みたいな番組を見てると、会った事もないどこかの誰かの、そんな一人一人の生きっぷりに少しだけ触れられる気がする。
[PR]
# by tsunagumono | 2014-03-16 14:11 | 日日