みえてくるもの。

いまの仕事を始めたことでできつつある新しい視点でこの世界を眺めてみると、今まで見えてなかったものが少しずつ見えてくるようになったのを感じています。
まだその視点は荒々しくて幼いけれども、今までは見えてさえいなかった事にびっくりもしています。
だんだん見えてくる様子は、なんだか小麦粉がふるいを通してふわっとした細かな粉になる様子に似てるような。
一袋、とかひとさじ、とかじゃなくて、ひとつぶひとつぶがあったんだ!みたいな。笑
ひとつぶが見え始めると関連していろんな事につながっていって。
いまその内的探求に夢中です。

思えばこの視点は、この仕事を始める前から自分自身の体験でずっと育んで来たものだったんだけど、今度は障害者(児)の支援者という立場に変わり視野の画角が大きくなったことで、また見えてくるものがあるのかもしれません。

まだ言葉にできることは少ないけれども、少しずつつながっていって私の身体に染み込んだそれが、今度は暮らしの中に染み出していく、みたいな風に、日々の行為やまなざしとして体現していきたいな、と思っています。
[PR]
by tsunagumono | 2012-07-28 11:19 | 日日


<< 盛夏。 むくどりずらり >>