東京丸3年

離島から都内のこの川沿いに越してきて、今日で丸三年。

越してきてすぐに東日本大震災があった。
一体なにをどうしたいのかさっぱりわからなくて、一年ほど深く潜る。
適当に水面に出てきたら今の園の求人に出会った。
面接に行ったとき、障害者の施設であることは知っていたけど、幼児が相手だという事は知らなかった。笑
わけのわからないまま働き出し、一日目ですっかり魅了される。〜以下略〜

震災をきっかけに、潜って手探りしてるうちに指の間にひっかかったたくさんの藻のようなものが絡み合い、
いつのまにかここまで私を導いてきてくれたことに驚きと感謝でいっぱいです。
こんな風景が見えてるなんて、3年前には全く想像もしてなかった。

窓の外には毎日眺めても全く飽きる事のない川がありますが、
まさに川の流れのように運ばれてきた3年間だなあと思い返します。

それまでだって、自分の意志で選びとってきたように思ってても、
やっぱり川の流れや、手指にひっかかる藻のようなものに、随分と導かれてきたのかもしれません。

これからどこへ行くのだろう。
越してきて3年、そして向こう3年も同時に見渡すような、そんな、ほっかりした気持ちの今日です。
今まで出会ったみなさん、本当にありがとう。
[PR]
by tsunagumono | 2014-02-23 19:39 | 日日


<< ピェンロー 自分が世界とわかれるとき >>