年度には終わりがある。ものごとには終わりがある。

いよいよ年度末に近くなってきて、今担当してるクラスで過ごすのもあと一ヶ月あまり。

今のクラスは年中さんだから、子どもたちはあと一年あるけれど、私は次どのクラスの担当になるかは4月になるまでわからないし、先生たちもいろいろ組み替えになる。

そう思うと、今まで以上に子どもたちと過ごすすべての瞬間が大切でかけがえのないものに感じられ、ますます煌めき輝いてくる。
一日に何百回アンパンマンの絵をリクエストされたっていいと思える。笑
終わりや区切りがあるって、残酷で切ないけども、新鮮で良い。

ほんとはこの世の全ての物事には終わりや区切りがあるのだけども、
それを忘れたように私たちは日々漫然と過ごしてる。
[PR]
by tsunagumono | 2014-02-13 19:49 | 子ども


<< 今朝みた夢1 意味としての心 >>