安野光雅

昨日行った安野光雅さんの展覧会では「旅の絵本Ⅴ」の原画がすべて展示してあって、同じ本も購入してきたのだけど、
原画の中には、人々に紛れ込んで描かれていたポパイとオリーブが、本のどこを探してもいない。
大人の事情で消されちゃったかな。
シリーズ他の本に、スヌーピーはいたりするけどこっちは大丈夫だったのだろう。

他にも、原画だと一枚の大きな絵でも、本だとページの真ん中で切れてしまうから、案外肝心でちょっとブラックな部分が中央のとじ部分にあたって見えにくかったりして、それも安野さん計算の上でなのかな、とかあれこれ想像すると楽しい。
そういう意味でも原画をじっくりと観られて良かったなあとしみじみ思う。
[PR]
by tsunagumono | 2012-03-25 20:14 | 日日


<< 体の贈り物 長所短所 >>