思い。

インターネットが普及し、ブログとかmixiとかFBとかで、自分の思った事を書いて公開するような機会が増えたころ、初めて気づいた事がある。

ネットで、たくさんの感じた事をものすごく豊かに言葉で表現している人が、
実際に会うと、シャイなのかどうか、ものすごく無口で大人しく、ずっと人の話しを聞いてるだけだったりすることがよくある。
かなり打ち解けた間柄の人でも、そういう事がある。

この無口な人が、内側ではあふれんばかりの事を感じてるんだなあと、そのギャップに奥行きを感じてまぶしかったりする。

園の子たちも、言葉の全く出ない子が半分以上なのだけど、内側ではあふれんばかりの何があるのだろうと、精一杯耳をすます。
そのほんの一部さえもうまく理解できてないかもしれないけど。それでも耳をすます。

そういう私も、前までは思った事を何でも話すようなおしゃべりだった気がするのだけど、気がついたら今は、人とほとんど話をしなくなっている。
前よりも、人見知りになってきたのもある。
最初からフランクに打ち解けないといけないという呪縛がとれてきたのかもしれない。

世間話はそれなりに合わせられるけど、そうでない話、自分の内側で感じてるような事は、会話の場面になると奥の方に引っ込んでしまうようになって、何をどう話せばいいのかわからなくなってしまう。
たまにそれが奥の方から出てきた時だけ、いっぱいしゃべれる。

だから何、というわけじゃないのだけど、さっきやっぱり無口な友達のブログを見て思い出した。
[PR]
by tsunagumono | 2014-01-14 19:23 | 日日


<< 歯医者おわり。 ジョセフ・クーデルカ展 >>