カテゴリ:夢( 8 )

夢つれづれ

昨日に引き続き、以前書いたものを読み返してる。
なんといってもおもしろいのは、みた夢の記録。

白い蛇とか、
白いライオンとか、
手でつくった花のつぼみから亀が生まれ出て大海原へ泳いで行くとか、
雷で山が切り裂かれて、着ぐるみが脱げるようにベリベリベリっと新しい次元が生まれるとか、

すっかり忘れてしまってたけど、
時々そういうなんだか大層な夢をみる。
大抵そういう夢を見るような時って大きな変化があった(個人的にも世の中的にも)。

そういえば中学生のころ、持ち物検査の予知夢をよく見て、みんなの役に立ってたな。笑

ついこの間、「あの世」行きの車に乗せられ連れていかれる夢と、
真面目な式典の最中に起こったおもしろい出来事に、私一人だけが素直に笑ってる夢を、同じ日に立て続けにみたばかり。
強烈な印象の夢だった。
なんか変化しようとしてるのかな。
[PR]
by tsunagumono | 2014-02-26 21:25 |

今朝みた夢、第2話。

今朝みた夢、第2話。

学校か何かのまじめな式典の最中に、とてもおもしろい事が起こり、私は大笑いするも、笑ったのは私一人だけ。
周りは笑ってはいけない空気で統制されている。

その後、何か知識人のような人が私のところにやってきて
「あなたさっき大笑いしてたね。あれはいい。
ああいう時、素直に笑えないようなクラスは絶対に負けてしまうんだ。」
と言って立ち去った。
[PR]
by tsunagumono | 2014-02-14 19:44 |

今朝みた夢1

あの世行きのワゴン車が迎えに来て乗せられた。
乗り込む時、少しだけ緊張したけど、
隣にいる夫の落ち着きぶりを見たら、なんだか安心する。

車内には、他に7〜8人が乗っていて、
斜め向かいには、園に通ってきてる男児と母がいて笑顔で会釈。
そのお母さんは、息子の障がいをとても受容してるといつも感じてるのだけど、
その母子が乗ってるのを見つけて同じところへ行くんだ、って嬉しい気持ちになる。

あの世ってどこだろう。
よくわからないけど、とても甘美な気持ちだった。

今朝みた夢のはなし。
[PR]
by tsunagumono | 2014-02-14 18:45 |

初夢。


初夢になるのかな。今朝みた夢、おもしろかった。
隣り合った2つのスペースに、積み木のようなものを積んで建物を造ってる。


ひとつはきちんと壁だったり棚だったりと、整然としたお部屋のように造っている。
もうひとつは、具体的な何かではない、全くの自由な積み木だった。
抽象だね、なんて言いながら、スペースを自在に使って積んでいた。
でも宙に浮かせるのは難しくて、下から上に積みながら、建築は重力からは自由にはなれないんだな、なんて夢の中で思ってた。
[PR]
by tsunagumono | 2014-01-02 19:31 |

うなされてる



一週間ぐらい前から湯たんぽして寝てるのですが、
関係あるのかないのか、ものすごくたくさん夢をみる。
深い夢から浅い夢まで、すごいおもしろい。
けどほとんど忘れてて残念。

今時期に限らず、もうここ一年ぐらい大抵毎日のようにみる定番は、
園の子がお友だちをドン!とド突いたり噛み付いたりするのを
止めに走って行くとか、制止が間に合わずやられちゃった子を介抱するとかで、
布団からガバッと起き上がって「アーッ!」とかなんとか必死の声をあげながら
子どもの所に駆け寄っていって目が覚める(ので、これは覚えてる)。

実際に、園でも日々そういう事から一瞬たりとも目が離せず気を張ってるので、
そういうのの積もった部分がリピート再生されてるんだろか、、、。

もう冬休みなのに、、、。
冬休みの間もたくさん夢で再生して、日々積もった心配事が昇華されますように・・・・(されるのか?)。
[PR]
by tsunagumono | 2013-12-21 19:57 |

ゆめ。

旅先で、新品の黄色いバッグと新品の鮮やかなピンクのトレーナーを一緒に洗濯したら、色が溶け出して洗濯槽の中で黄色とピンクがマーブル模様に回って、お互いに色が移っていくのをうっとり魅入る夢をみた。
その旅には友人のナオミさんも一緒だった。
ギターと大きなリュック、大きなカメラ2台、そしてなぜか長さ20mぐらいある巻いたじゅうたん(キャンプ用マット?)も肩にかついでた。あの小さな身体に。
そんな大きいの持ってきたの?って言ったら「長旅になるからね」ってにこやかに言ってた。ふふ。
[PR]
by tsunagumono | 2012-03-13 20:10 |

いついつに空にものすごい事が起こるらしいという噂があり、昨夜はそれを待ち構えていた。
その時間になると雷のような見たこともない激しい閃光が走り、空と山が切り裂かれ、そこからまるで着ぐるみを脱ぐように別の次元(?)が現れた。
全く見もせず気づかず普通に歩いている人もいたが、見ていた人はみな「オオオオーッ」とどよめいた。
その後しばらくして冷蔵庫の人参を茹でたら妙にクリーミーだったので、ポタージュスープをこしらえた。味をみようと思ったらそこで目が覚めた。
おはようございます。夢の話です。
今日は良い天気ですね。
[PR]
by tsunagumono | 2012-03-02 20:29 |

女の人たちが
美しい機織りをしてた。

女の人は、私も織物の一部なんですと言い、
からだの一部は次々と光る糸になっていき
織られていった。

布も、女の人たちも、まわりの空気も、みてる者も、
ぜんぶが溶け合い、七色に美しく光ってて、
ぜんぶ『私』で『わたし』だった。

朝、半分目が覚めてるとき、そんな夢をみたよ。
ぽめろ~ん☆

天国みたいな、
でもこの世の風景。

ここ数日体調が悪すぎて、昨日なんかはすごく辛くて、もうダメだって降参したんだけど、
そうしたらふわっと柔らかい織物でくるんでもらったような、そんなきぶん。
[PR]
by tsunagumono | 2012-02-08 20:14 |